南新宿地下歩道作業所
低空頭クラムによる掘削
 
この工事はJR新宿駅南口の国道20号線の高架下の地下の掘削工事に於いて、 当初の計画は高架下に門型クレーンを用いてベッセル(バケツ)を吊り下げて人力掘削を予定していたが、当社で通常のワイヤークラムシェルのトップブームを低空頭ブームに当社工場にて企画、製作、改造し、施工して工事工程、工事コストを下げた物である。
 

当社整備工場でクラムシェルのアームを5mから1mの短いものに変更した。低床空間での作業の場合に対応することができる。この1mのアームは着脱可能で低床空間作業時にのみ対応する。